育毛剤で薄毛は救えるのか?若ハゲと戦うバイト戦士のメモ

深夜のバイトで疲れた体に疲れた頭皮。睡眠時間を削って働いても結婚前には若ハゲはあり得る状況で育毛剤は何を選べばいいのか?発毛剤で本当に髪の毛はハエてくるのか。色々な育毛剤を試してみる。

TOP PAGE ⇒ 「頭皮が硬い人、柔らかい人は確かにいますね。硬い」

LastUpdate:2017/10/21

頭皮が硬い人、柔らかい人は確かにいますね。硬い

頭皮が硬い人、柔らかい人は確かにいますね。硬い人は薄毛が多いといわれています。頭皮の血行が悪いと、毛根に栄養が行き渡らず、毛が生えにくくなるのです。

育毛を考える上で、頭皮の問題は欠かすことができません。

頭皮を柔らかく保ち、皮膚の血行をよくすることで生えてくる髪も健康になってきます。

そして、しなやかな血管、さらさらの血液は全身にとってポイントですから、欠かさず体を動かし、血液サラサラ成分を含んだ食べ物を毎日の食事の中に取り入れてください。

頭皮にマッサージをすることを続けるとだんだん頭皮状態が良くなって、髪が生える可能性が増えるはずです。

マッサージするのに爪をたてると繊細な頭皮が傷ついてしまうので、注意して、指の腹を使って揉んでください。

チャップアップシャンプーなどのの時に頭皮をマッサージすることで髪も洗えるので、一石二鳥です。とにかく、育毛の効果が出るまでは粘り強く続けることが肝心です。

薄毛を改善したいと思った時に意識することは、頭皮の環境を整えておくことだったり、食事、睡眠時間の確保など、生活習慣についてがほとんどでしょう。

言うまでもなく、それらは大切なことですが、しかしながら、寝方もまた育毛に影響するのです。

例えば、仰向けに寝る場合、左右均等を意識することで、血流の乱れが少なくなります。また、横を向いて寝る場合だったら、肝臓を意識して、内臓をその重さから保護する目的で右向きで、寝返りをしやすい低い枕を使うのが良いでしょう。健康を考える人がよく飲んでいる青汁ですが、なんと育毛効果があるということもあるといえるでしょう。

さまざまな原因の中で栄養不足が薄毛の原因だったとしたら、青汁という健康飲料を定期的に飲むことにより普段なかなか摂ることの難しい、ビタミンやミネラル、食物繊維などが補給でき、育毛の可能性も無きにしもあらずです。

青汁という飲み物には、育毛に大切な栄養素が多く含んだ商品があることもあり、利用者数が増加しています。

人気の育毛剤bubkaがどう効くかというと、海藻エキスが入った育毛成分をびっくりすることに、32種類も入れていることです。それから、ナノテクノロジーを施した水をふんだんに使い、エキスの有効成分が地肌に染み込みやすくなっています。

それに、脱毛させないための髪に良い細胞活性アミノ酸などもふんだんに使っているのです。髪を育てようと、サプリを摂取する人も多くなっています。健やかな髪が育つためには、栄養素を地肌まで浸透させることが必要ですが、望んで摂取しようとしても、来る日も来る日も続けるというのは難しいものです。

その点、育毛サプリなら確実に栄養を摂ることができるので、髪が育ちやすくなるはずです。

けれど、育毛サプリばかりに頼りすぎるのも、賛成しかねます。

育毛するなら睡眠不足に気をつけなければならないとよく言われます。

根拠があることですから、睡眠時間は充分にとるように留意してください。

まちがっても休日のドカ寝で補おうと思ってはいけません。

徹夜ハイなんて言われますが、睡眠不足を続けていると疲労を蓄積させているのに、それを本人が感じられないという感覚の異常を引き起こします。すでに体の恒常性が損なわれている状態で、細菌に対する抵抗力も弱まり、痒みや炎症が強く出たり、抜け毛が増えます。育毛剤が使用できない地肌の状態になる人もいます。

ですから、日頃から自分に最適の睡眠時間を確保するよう努めましょう。神経を興奮させ、入眠を妨げるような行為も控えるようにしましょう。

マカと言えば、滋養強壮や精力剤を連想する方が多いと思いますが、薄毛になるメカニズムの一つに体内の血の巡りが悪くて、育毛のための栄養素が毛乳頭に十分に行き渡らないことがあるのです。ビタミンEは有名な成分ですが、その他、アルカロイド、デキストリンといった成分がマカには含まれています。それらの特徴的な作用として、血管を太くする効果や血流改善効果が挙げられるでしょう。血の巡りが良くなることで育毛への近道にもなります。髪の毛の健康にとって各種栄養素はとても大事ですから、バランスの良い食事というのは育毛に大変役に立ちます。では髪にとって必要な栄養素は何かと言いますと、いろいろありますが、注目したいのはビタミンCです。

タンパク質や亜鉛が、育毛には欠かせないというのは、よく知られてきたようですが、ビタミン類、ビタミンCも大変重要です。

ビタミンCがどのように身体に作用するかというと、他の栄養素の吸収や生成、分解、代謝をサポートし、一例として、髪を太く丈夫にするコラーゲンの生成に関係していますし、また、強い抗酸化作用を持っています。

これらビタミンCの働きは、どれも育毛にとって大変重要なものであり、カルシウムや鉄の吸収を補助したり、それに免疫機能を高める働きもあるので、不足すると風邪を引きやすくなったりします。

ビタミンCを含む様々な野菜や果物をしっかり食べるようにし、また壊れやすい栄養素ですから、サプリメントから意識的に摂ると、不足の心配をしなくて済みますね。

抜け毛抑制や薄毛を改善する治療方法のひとつに、点滴という方法があります。

毛の再生に必要な因子であるビタミンや薬剤を頭皮専用の極小針で注入するので、薬剤の使いすぎを防いで体の負担を抑え、それでいて経口摂取よりも育毛効果が感じられるというクチコミが多く寄せられています。注射に比べると針の細さも違いますし、所要時間が長いというデメリットがあり、価格も高めということがほとんどです。

ただ、複数回数分をセットにして利用しやすい料金を設定している医療機関もあります。

そのかわり、内服のように体内で代謝されることがないため内臓に負担がかからず、副作用が起こりにくい点も点滴治療の長所と言えるでしょう。ミノキシジル使用時に気になるガンコなニキビについても、薬を処方してもらえるのでトータルで考えると価値があるかもしれません。出力を低く抑えたレーザーを頭皮にあて、血行を良くして育毛を促すという育毛器があります。

クリニックやサロンで使われることが多いのですが、照射するレーザーの出力をごく低く抑えて、家庭用にした低出力レーザー育毛器も売られており、なかなかの人気だそうです。

頭皮に低出力レーザーを当てることで何が起こるかというと、頭皮の血行促進であり、毛髪に関わる細胞に刺激を与えて活発化させるという具合です。

この家庭用低出力レーザー育毛器は、種類も出そろってきた感があるのですが、使っても効果は全くないという、恐ろしい物もあるそうなので、気を付けた方が良いでしょう。

半年から1年ほど育毛剤を使用してみて、効果が現れない時は別のものを使用された方がいいでしょう。

とはいえ、1、2ヶ月で生えてきたという実感がわかないからといって使用を中断するのは、非常に早すぎます。副作用が出ていない状態であれば、約半年は使用してください。最近、ブブカという育毛剤がよくネット上で話題になっています。育毛効果の高さで人気が出てきているようですが、処方箋を持って薬局へ行かないと買えない医薬品ではなく、誰でも買える市販品です。

このブブカに「褐藻エキスM-034」というエキスが配合されています。

海藻を原料としていますが、天然成分なのに、あの薄毛治療薬ミノキシジルと同じくらいの効果が期待でき、その上副作用もあまり心配しなくて良いため、話題になっているのです。

それに加えて、オウゴンという植物から抽出された「オウゴンエキス」が、男性型脱毛症を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)ができるのを7~8割程阻んでくれるそうで、これは、強い男性ホルモンDHTの生成に関わる酵素、5αリダクターゼを「オウゴンエキス」が抑制してくれることによる結果です。

褐藻エキス、オウゴンエキスの他にも、厳選された様々な成分が使われており、それらが有効に働いて育毛を促します。

近年はインターネットショッピングが普及していて、荷物の発送状況なども随時確認できるようになったため、育毛剤や関連製品の入手経路として、個人輸入というのも選択肢のひとつのようです。

また、専門知識がなくても輸入代行してくれる業者のサイトを利用する人が増加傾向にあります。手間はかかりますが、正規のルートの価格と比べるとずっと手頃な価格で購入できるのは事実です。

その一方でパッケージまでも本物そっくりの偽物がたびたび摘発されていることからもわかるように、「偽物を作るだけのメリットがある」商品だと思って、利用者のほうでもそれなりの知識が必要だと思います。

虚偽が疑われるサイトURLを記載したサイトもあるので確認してみてください。しかし、それはごく一部が判明しているに過ぎません。ちなみに私が見つけたサイトの運営会社は日本国内でしたが虚偽の住所(10階建ビルの13階)を使用していました。

期待していた効果が薄い程度で済まされれば良いですが、偽物は安全性を配慮していないため、危険な副作用や、予測しえない皮膚トラブルが起こる可能性も否定できません。女性が美容のために飲んでいるのではと思われがちなコラーゲンは、哺乳類や魚類などが保有するごくありふれたタンパク質の一種ですが、新しい研究では細胞を活性化させることが判明し、地肌ケア、育毛にも効果があると言われています。経口摂取用のコラーゲンは、食事から摂るより吸収されやすくなっていて、継続的に摂ることで、長期的に抜け毛が減少し、発毛した毛が充分な太さを持つまで保持されるので薄毛が改善でき、さらに、白髪が改善されたという経験談もあります。

色素を作る力が完全になくなった人は無理だと思いますが、毛乳頭が弱っている人の場合は色や太さが濃くなって髪全体が黒々してくるということがあるようです。コラーゲンは煮魚の「煮こごり」、焼き鳥缶のプルプルなどのようにごく身近な食品にも含まれています。

しかし通常の食事で摂取しつづけるとなると、量的な不足は否めません。サプリメントやコラーゲン摂取を目的とした補助食品(ドリンク、ゼリーなど)から摂るほうが良いでしょう。コラーゲンの効果を高めるようビタミンCやB群を配合した製品もオススメです。

早めに薄毛対策を始めたい、でも強そうな化学薬品はまだ使いたくない、といった場合は、グレープシードオイルを使ってみるのはいかがでしょうか。

グレープシードオイルの原料はブドウの種子で、ワインの製造過程で大量に出たものを利用して作られていることが多いです。

健康食品としても名高いオイルで、頭皮をトラブルのない状態に保つ為の様々な成分、例えばオレイン酸や、抗酸化物質として有名なビタミンEなどがたっぷりと含まれたオイルです。

これを使って、頭皮を優しくマッサージします。植物油ですが、サラッとしているので抵抗なく使えるでしょう。指先ですりこむようにすると、オレイン酸が多いため、すぐさま頭皮に浸透して肌トラブルを和らげ、フケ、かゆみを抑えてくれます。

こうして、髪の土台である頭皮を良い状態に整えることで、育毛を促します。それに、グレープシードオイルは香りが少なくサラサラと軽く、髪につけるとツヤが出ますので、ヘアケアに使うこともでき、毛の質を強くしてくれるということです。育毛に必要な栄養素や成分があるというと胡散くさいものを想像する人もいるようです。

しかし現実にはほとんどが、普段の食事でも摂取すべきとされている食品成分ですから、きちんと理解した上で、日常生活の中に取り入れるようにしてください。簡単に列挙すると、ビタミン、ミネラル、亜鉛、酵素などです。

サプリメントでも多くでているので納得ですね。タンパク質も必要です。よほど肉魚嫌いでないかぎり、食事から充分な量をとれると思いがちですが、朝はゼリー飲料や菓子パン、昼は麺類とおにぎりのように炭水化物中心の食生活を続けていると意外と不足するので、思い当たる人は気をつけなければいけません。栄養が偏っていたり、血液の状態が良くないとき、本人に自覚がなくても髪やツメに症状が現れることがあります。

実際、栄養不足の状態では、髪までは栄養を回してくれないので、栄養不足や貧血で髪が縮れたり細くなったりするのは自然な反応です。暴飲暴食を避け、バランス良い食生活やメニュー選びを意識して、髪や頭皮に栄養が届き、老廃物を排出できるよう、マッサージや運動などで血行を促進させるのも効果的です。

食事だけでさまざまな栄養素を100%に近い状態で摂取するのは困難で、カロリー過多の状態を防ぐために、普段の食事に気をつけながら、サプリを併用するのも良いでしょう。

もともと皮膚に炎症があったり、自律神経が乱れている人はより多くのビタミンを必要としますが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので、比較的副作用なく量を加減しやすいです。

抜け毛の気になり始めた頃、使ってみるものというと育毛トニックでしょう。

お値段が手頃で若い男性でもハードルは低く、CMを見ても、効果は期待してよさそうです。使用感が非常にスッキリとしていて愛されている理由の一つでしょう。

それでも、よい効果を実感できた人と育毛効果を得られなかったという人がいるため、しっくり来ないなあと思った時は、早いうちに改めて別の対策をとるほうがいいですよ。

薄毛の原因として遺伝や体質など先天的なものを挙げられる方もいますが、生活時間の乱れや栄養不足などが肌質に影響し、抜け毛を誘発していることも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。

栄養素が不足していると毛髪のツヤやハリが失われるだけでなく生えてくる毛より抜け毛のほうが多くなってしまいます。外食や、栄養にこだわらない中食(買ってきて食べること)が多かったり、温めるだけのレトルト食品、菓子パン、調理パン、スナック菓子などを多く食べる方も食生活を見なおして、改めていくほうが良いでしょう。

髪や地肌のための栄養をバランスよくとるよう心がけましょう。クリニックで薄毛の原因を診断してもらうのは躊躇われて、自分で改善できないかと、市販グッズで改善を目指している人は多くいるでしょう。

でも、あらゆる方法を試しても良くなっている実感がもてないときは、思い切って育毛外来に足を運んでみるのもいいと思います。

育毛を専門とする病院は、今では沢山あります。

それだけ多くの人が薄毛に悩んでいると言えます。

あなたは一人ではありません。

皆薄毛で悩んでいます。自分で試した薄毛対策に効果が感じられなければ、できるだけ早く専門のお医者さんに診てもらいましょう。

関連記事

メニュー


2007 育毛剤で薄毛は救えるのか?若ハゲと戦うバイト戦士のメモ All Rights Reserved.

TOP
PAGE