育毛剤で薄毛は救えるのか?若ハゲと戦うバイト戦士のメモ

深夜のバイトで疲れた体に疲れた頭皮。睡眠時間を削って働いても結婚前には若ハゲはあり得る状況で育毛剤は何を選べばいいのか?発毛剤で本当に髪の毛はハエてくるのか。色々な育毛剤を試してみる。

TOP PAGE ⇒ 「一般に、薄毛を改善しようとしたとき」

LastUpdate:2017/10/21

一般に、薄毛を改善しようとしたとき

一般に、薄毛を改善しようとしたときに気にするのは、毛髪や頭皮を綺麗に保つことだったり、生活習慣に関することが多いと思います。

もちろん、それらも重要なことなのですが、実は、寝る時の頭の位置も育毛に影響を及ぼします。

仮に仰向けに寝るならば、左右均等になるよう注意すれば血流の乱れが少なくなります。

また、横を向いて寝る場合だったら、重量のある肝臓が内臓全般を押さえつけることのないよう右向きで、睡眠中でも寝返りを打ちやすい低めの枕を使って寝るのがいいです。

夜寝るときに何の気なしに使っている枕。

それが育毛、抜け毛に影響を与えていることをご存じでしょうか。寝ている間、合わない枕で過ごしていると、寝ている間に首、肩、上腕や胸の筋肉に負担がかかるので大事な頭部に血液が十分送られなくなり、毛を育てるのに必要な栄養が不足してしまいます。

十分寝た感じが得られず、起きても調子が悪かったり、ストレスの増加から抜け毛が増えてくることも考えられます。

育毛だけでなく、自分の身体と心のために、ぜひ自分に合う枕を見つけて使い、熟睡できるようにしましょう。

髪の毛が薄くなってくると、これは育毛剤の出番だと思うかもしれません。

しかし、ドラッグストアの育毛剤コーナーで見てみると、種類が多すぎてどういった育毛剤が自身に合うのか、分からないものです。

メジャーな商品の方が効果があると思いがちですが、使った人による口コミを生かし選択することをオススメします。

人気の育毛剤bubkaがどう効くかというと、海藻エキスが入った育毛成分を32種類も注入していることです。

また、低分子ナノ水を使っているので、エキスの成分が地肌に染み込みやすくなっています。それに、脱毛ブロック効果としてオウゴンエキス、グリシンやアルギニンといったアミノ酸成分も入れているのです。たくさんの方が使っている育毛剤のBUBUKAはミノキシジルと同じで育毛効果が研究で得られており、試用した方の9割以上が育毛効果が出ています。

また、ミノキシジルと違って、副作用がないため、不安なく使い続けることができてしまいます。

鉱物油、合成ポリマー、パラベンのような添加物を使用しておらず、効果の証明でもある医薬部外品認可を得られています。

東洋医学においてツボは重要な役割を担っていますが、その中に、髪を元気にしてくれるというツボがあります。マッサージで頭皮を揉むことがあれば、そのツボを押してみるのも良いでしょう。ただし、ツボをマッサージしたとしてもすぐさま分かるような効き目が現れるのかというと、そうではありません。

そのようにすぐさま髪が生えてくるなら、薄毛で悩む人なんていなくなるはずですもんね。

育毛に関して青汁は効果があるかといえば、薄毛の原因が栄養不足である場合には効果があるかもしれません。

ビタミンやミネラルなどを青汁はたくさん含んでいますので、髪が育つのに必要とされる栄養素を補充してくれるでしょう。

というものの、青汁だけで薄毛対策が万全であるということはないので偏らない食事をして適度に体を動かし、よく眠ることなども重要です。髪を育てていくために、必ず必要とされる栄養素に亜鉛がありますが、その摂取量は、およそ15mgが一日の目安となります。

吸収率が亜鉛は良くないほうなので、一日あたりの摂取量が50ミリグラムの人もいるみたいです。

そうはいっても、一回あたりにたくさんの亜鉛が摂り入れられる場合副作用として、頭痛の症状が現れる場合もございますので、すきっ腹の状態での摂取は行わずに何回かに分けて身体に入れてください。ご存知、「雨上がり決死隊」のボケ担当、宮迫博之さんのことですが、父方の先祖代々が薄毛だったそうでこのままいくと、普通に自分も薄毛が進むだろう、と若いころから危機感は持っていたそうです。事実、順調に薄毛は進行していたようです。

誰が見ても「薄いかも?」という時期がありました。

けれど、意志の強い人なのでしょう、宮迫さんは真面目に育毛を始めました。

髪のため、頭皮の健康を保つという方法で気長に育毛を続け、素晴らしい結果を出しました。フサフサした今の彼を見て、薄毛キャラだと思う人はいないはずです。

こうやって、カメラの向こうで万人の前に立つ芸能人の方が、自らの容姿によって証明してくれましたが、頭皮を整える、良い状態にして育毛を進める方法は、確実なやり方だということなのでしょう。

宮迫さんの育毛は大成功だったといってよいでしょう。

そのためか、育毛製品のCMにも出ています。

男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きにより、男性はがっちりした骨格や筋肉を形作ることができます。

そして、髭や体毛、太い濃い髪を生やすこともできるのです。ですが、これと別の男性ホルモンが、過剰に分泌されてしまうことで、髪が抜けて薄毛に、また、さらに、成人男性の脱毛症としてはとても一般的な、男性型脱毛症を起こすことになるのです。なので、病院から出る薬や、市販の育毛剤ほか育毛製品には、多くの場合、男性ホルモンを過剰に分泌しないようにさせる成分が、加えられています。脱毛に導く男性ホルモンは、テストステロンから変化を遂げたDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強いホルモンで、これが活性化すると薄毛へと向かうことがわかってきておりますので、DHTをテストステロンから生成してしまう、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害することが薄毛の進行を止めるためには、大変重要だということです。一般的に育毛を促進してくれる食べ物といってまず思いつきそうなものは、海藻類、例えばワカメや昆布を思い浮かべる人も多いと思われますが、実際のところそれほど育毛に効果が期待できないとの説がいわれています。特定のものを食べ続けるということではなく、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養をバランスよく食べることを意識することが育毛にとっては大切なことでしょう。また、食べ過ぎたりしないで適当な量を摂るように気をつけなければならないでしょう。

もし、スマホのアプリで育毛できるとしたら、利用してみたくなりますよね。

育毛について詳しい説明を探すことができるアプリも存在しますし、男性型脱毛症に特化したアプリもあります。

もしくは、アプリを有効に使ってバランスの取れた食事や質の良い睡眠、適度な運動などが実現できるようにすることも育毛への道となるでしょう。

もちろん、アプリを利用するだけでは意味がなく、実際に問題解決に向けて行動しないと結果には繋がらないでしょう。育毛から連想するものといえば、海藻ですが、ですが、海藻だけを大量に食べたとしても育毛成功、とはならないのです。コンブやワカメに含まれる、ミネラルや食物繊維は、プラスの効果を育毛に与えますが、ただそれだけで育毛が促進したり、生えてきた、なんてことはないのです。育毛には、亜鉛、そして鉄分、それにタンパク質などの、栄養素のあれこれが必要なのです。

よく健康番組で取り上げられる青汁ですが、なんと育毛効果があるということもありましょう。薄毛の原因として栄養不足が挙がってしまった場合、青汁を飲むことでビタミンやミネラルといった栄養のほかにも、腸の働きをよくする食物繊維なども補給でき、育毛という可能性につながるかもしれません。

青汁の中には、育毛にとってとっても必要な栄養を多く含んだ商品があることもあり、青汁を飲む人々が増加しています。プラセンタというと、美白や保湿、美肌など美容方面のものだという印象をお持ちかもしれません。しかし、代謝促進、免疫力向上、血流改善、炎症を鎮めたり、その他、数多い効能を誇り、アンチエイジングの万能薬、などと呼ばれることもあるほどです。

そんなプラセンタですが実は、育毛の効果も大きいことがわかり、評判になっています。育毛効果が特に期待できるとして、人気が高まりつつあるのは、頭皮へ直接プラセンタを注入する方法です。

また、筋肉注射、皮下注射、あるいは静脈注射という方法もあります。

注射の種類によって薬液の吸収スピードが変わりますが、どんな注入方法にしても、プラセンタの効能によって、頭皮や毛根を活性化させることが目的です。

これらのうち、頭皮へプラセンタを入れる方法だと、他の注入方法よりもよく効いて、しかも効果が早く得られるということです。プラセンタは、ヒトの臓器を原料としますので、これを体内に入れた経験のある人は、献血ができないことになっておりますので、一応、知っておいてください。悩みを解消するというのも頭皮マッサージが育毛にきく理由です。

しかし、頭皮を指圧することにはすぐに結果が出るような効果はありません。

少しやっただけでは実際に変わったかどうかを実感できないと考えておいてください。

それに、頭皮マッサージは地道にコツコツ継続することが大事です。髪を育てようと、サプリを摂取する人も増加の一途をたどっています。生き生きとした髪の毛を育むためには、必要な栄養素を、地肌まで届けなければなりませんが、望んで摂取しようとしても、日々継続するのは難しかったりします。

育毛サプリなら簡単に正確な栄養素を摂取できるので、髪が育ちやすくなるはずです。

一方で、育毛サプリにばかり頼るのも、いいこととは言えません。高級育毛剤を使っているけれどなかなか効果が感じられない方は、食事を変えていきましょう!食べ物は髪の毛の生育に大きな影響を及ぼします。健康な体を保つための栄養素が補えていないと、末端の髪の毛まで届かないので、長い間栄養が足りないと髪が薄くなる原因につながります。

きまった時間に栄養も考えた食事をとるようにして、足りない栄養素はサプリメントで補いましょう。

近年では育毛方法も増え、薬を使用する方も以前より数が増えています。育毛効果があるとされている薬には、だいたい見かけるのは飲むタイプと塗るタイプですが、副作用が報告されているものもあります。

費用の面だけを問題とし、専門家である医者の処方をないがしろにすると、個人輸入という手を使い、入手すると、場合によっては偽物を入手してしまうことも私の知っている限りでは存在しています。

ドラッグストアの女性用の美肌サプリコーナーで見かけることが多いコラーゲン製品。その保水性の高さからスキンケアや化粧品に利用されていることも多く、CM等で目にする機会も多いですね。

でもコラーゲン製品には、地肌ケア、育毛にも効果があると言われています。コラーゲンを継続的に摂取することで真皮層の再生が促進されるために頭皮の状態が改善され、抜け毛が減り、パサつきを抑え、髪の成長が促進され、白髪が改善されたという経験談もあります。色素を作る力が完全になくなった人は無理だと思いますが、毛乳頭が弱っている人の場合は色や太さが濃くなって髪全体が黒々してくるということがあるようです。こういった効果が得られるほどの量を、日常の食生活で摂取するのは、難しいことです。さいわい、ドラッグストアでも多くのコラーゲン製品が売られていますので、サプリメントやコラーゲン摂取を目的とした補助食品(ドリンク、ゼリーなど)から摂るほうが最も手軽な方法だと思います。

種類も多く、価格も比較的こなれているのも魅力ですね。

関連記事

メニュー


2007 育毛剤で薄毛は救えるのか?若ハゲと戦うバイト戦士のメモ All Rights Reserved.

TOP
PAGE