育毛剤で薄毛は救えるのか?若ハゲと戦うバイト戦士のメモ

深夜のバイトで疲れた体に疲れた頭皮。睡眠時間を削って働いても結婚前には若ハゲはあり得る状況で育毛剤は何を選べばいいのか?発毛剤で本当に髪の毛はハエてくるのか。色々な育毛剤を試してみる。

TOP PAGE ⇒ 「一般の人でも簡単に、多彩な育毛機器」

LastUpdate:2017/10/21

一般の人でも簡単に、多彩な育毛機器

一般の人でも簡単に、多彩な育毛機器を手に入れられる時代となり、今は自宅が育毛サロンに変身してしまったかのようなケアが望めます。でも、気を付けたいのは、どんな育毛機器を使うかで、本当にいいものを使わなければ、特に変化が見られなかったり、なんと抜け毛が増えてしまうだなんてことも大いにあり得るのです。

それに、育毛機器に頼り切りになるのはよくありません。

普段から育毛を意識した生活をすることで、より良い結果が得られるでしょう。

睡眠時間や食生活にも配慮していなければ、効果半減でしょう。濡れた頭皮の状態だとどうがんばっても、育毛剤の効果はあらわれにくいので、湿っておらず、乾いた状態で使用してください。

その時には、育毛剤をちゃんと行き渡らせる為にも、指の腹を使い、頭皮全体にじっくり揉みこむようにして使用していきましょう。

そして、育毛剤を使用したからといってもたちどころに効果が出てくるというものではありませんから、短くとも6ヶ月は使い続けてください。

薄毛対策をしたい、と思っていても、化学薬品のようなものに抵抗があるという場合は、天然由来のグレープシードオイルはいかがでしょうか。

文字通り、ブドウの種からとれる植物油で、食用としても、そしてマッサージオイルとしてもよく知られており、頭皮を良い状態に保つために是非補っておきたいオレイン酸、そしてビタミンEがとても多く、食用としても大変健康に良いオイルです。この、サラッとした手触りの軽いオイルを、頭皮に与えて軽くマッサージをすると、すぐ頭皮に浸透し、脂性肌や乾燥肌が原因のフケやかゆみを抑える効果があり、頭皮の状態を、髪の生える土台として最適な状態にすることで、育毛につなげるのです。

加えて、このグレープシードオイルは、サラッとしていて香りもほとんどなく、髪につけるとツヤを出してくれるので、ヘアトリートメントとして使うこともできるのです。抜け毛の多さに実感したら、育毛をお考えになられてはどうでしょうか。

育毛せずにいたら、薄毛に悩むときが訪れるでしょう。

手始めに抜け毛の原因から、改善をはかってください。

食べ物、睡眠の不足、髪のお手入れのまちがいや、ストレス、喫煙、飲酒など、色々な理由から抜け毛が増え、健康な髪が生えにくくなります。可能性としてはAGAもありえます。牛乳は育毛に悪影響だということが分かってきています。

そのわけは、牛乳が含有するタンパク質が、動物性だからです。

一般的に、植物性タンパク質は体によいとされ、動物性のタンパク質はいわゆるドロドロ血の素になるといわれるため、ドロドロ血のせいで栄養が髪の毛まで届かず、その栄養不足が抜け毛の要因となるのです。タンパク質が大切なものだということはよく知られたことではありますが、植物性のものを、なるべく摂るようにこころがけるようにしてはいかがでしょう。それに加え、カルシウムによって亜鉛が体にとりこまれにくくなり、育毛に欠かせない働きをする亜鉛が体にとりこまれにくくなるので、育毛にとって、牛乳は敵といえるかもしれません。世間では、頭皮マッサージが育毛に良い効果をもたらすといわれていますが、それは本当でしょうか?これは事実なのでみなさんも実践された方がよいです。

マッサージをすることによって固くなった頭皮をほぐし、血行の促進をはかれます。

血行がスムーズになれば満足な栄養を頭皮に送ることが可能になり、髪が生えることを容易にする環境を整えることを可能にするのです。

同じようにやっているのにうまくいかない場合、コツを微妙に外してしまっている人が多いようです。誰だってコツをつかんで、上手にスイスイこなしたいですよね。髪全体のボリュームアップを実感したいなら、発毛した毛を充分成長させ、長く維持することが基本的な骨子になります。

それには抜け毛を招いている習慣や原因を見つけ出し、改善していくのがコツでしょう。体にいい系を片端から試すより、ポイントを絞るのです。

育毛剤や育毛薬を使用したり、髪に良いという食べ物を食べたところで、抜け毛の原因になっている生活習慣をカバーしきれるものではありません。

心当たりが多ければ多いほど、ある程度の効果(抜け毛の減少)は得られたとしても、本来期待するほどの効果は得られないかもしれません。

それでは時間と費用のムダというばかりでなく、育毛のタイミング自体も逸してしまうため、大きな損失です。

育毛とは、マイナスの要因となる生活習慣を改善していきながら、育毛に効果のある製品や習慣を取り入れて、全体の収支をコントロールするのがコツです。頭皮に深刻なダメージがある場合は育毛剤が使えないことがありますし、体質や持病によって処方できない薬もあります。皮膚科のAGA治療でも言われていることですが、健康な毛根の数が多い人のほうが効果を体感しやすいので、早めの対策がキーとなるでしょう。

髪や頭皮の健康のためには、必要な栄養素を欠かさずにとることが大事ですが、鉄分もまた必須栄養素であることを忘れてはいけないでしょう。

鉄分不足は鉄欠乏性貧血を招きますが、不足している人は慢性のため慣れてしまって無自覚でいることがほとんどです。

だからといって放置していると、酸素が運ばれる量も減るので、髪や地肌に必要なミネラルや栄養が届かなくなり、代謝の悪化で老廃物が排出されにくくなり、いつもどおり洗髪していても、不快感や抜け毛が増えるようになります。

良い血液の状態を維持して、育毛に適した体を作るため、鉄分が不足しないように気をつけましょう。

鉄分は吸収されにくいですが、納豆やあさりなど、身近な食品にも多く含まれています。

ほとんどの場合は食事から摂取できるはずですが、パンや麺類などが多かったり、ゼリーやレトルトなどの頻度が高いと全体的に低栄養になって、鉄分の摂取量も減ってしまうようです。

また、たくさんとりすぎると胃腸の不快感を感じたりお腹を下すこともあります。

気をつけるようにしてください。抜け毛の原因に運動不足もあげられていますので、育毛には適度な運動をしてください。

過度に負荷のかかる、運動をしてしまうと、逆に抜け毛をひどくすることもありますから、ウォーキングだとか、ジョギングが、うってつけです。

運動が血のめぐりを後押しし、頭皮へ栄養がより運ばれますし、日常生活のストレスの解消にもつながるでしょう。育毛チャップアップシャンプーなどのは人気の高いアイテムですが、コンディショナーも、髪や地肌の健康に配慮したものを選びましょう。

メーカーは同シリーズをセットで使用することを推奨するかもしれませんが、単品使用でもそれなりの効果を認めていますので、かならずセットで使わなくても構いません。仕上がりの好み(さっぱり・しっとり・ふわふわなど)もありますし、香料に抵抗感がある人もいるでしょう。自分に合ったバイタリズムなどの、コンディショナーの組み合わせを選びましょう。

製品の説明書きに書かれていることかもしれませんが、洗髪のときは、よけいな成分が残って地肌や髪に負担とならないよう、ていねいに洗い流しましょう。髪の長さや毛質などによって成分が残りやすい人の場合は、普通に洗い流したあと、ため湯に頭を浸けて髪を泳がせ、指先で地肌をそっと揉んでください。

髪が妨げにならずにキレイに洗い流すことができます。

毎日のていねいなケアを心がけることも大切です。

女性がよく手にしている豆乳には、髪をしっかり育てる効果があるといわれていますから、習慣化していきたいですね。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンを摂取することができますからいわゆる男性ホルモンの、過剰分泌を抑えることができます。

近年では口当たりのいい豆乳も販売されており、ストレスなく続けることができるようになりました。

しかしながら、過剰摂取には注意しましょう。育毛には体を動かすことが大切であるといっても、いまひとつわかりにくいですね。しかしながら、じっとしてばかりいると血行が滞りやすくなりますし、脂肪を溜め込みやすくなってしまうでしょう。

髪に有効な栄養素は血の循環が悪いと頭皮まで行き渡らなくなりますし、体重過多も薄毛を招くのです。

軽い運動を生活に取り入れて髪を豊かにしましょう。育毛グッズもいろいろあります。でも育毛と関係のなさそうな、ピップエレキバンやピップマグネループというような製品を上手に使うことで、育毛のお役立ちグッズにしている人もいるようです。ところで、育毛と言えばまず大事なのは血行です。

なぜならば、髪への栄養は全て、血管内の血流によって、頭皮まで運ばれてくるからです。

新鮮な血液は、心臓から頭皮へと動脈の中を流れていきますが、心臓と頭皮の中間あたりに首や肩がありますが、ここが凝っているということはそこで血行不良が起きている、ということに他なりません。

そのため、ピップエレキバンといった類の製品を利用して、首や肩の凝りを解消させ、血流の妨げになるものをなくしますから、頭皮の毛細血管まで、確実に酸素や栄養が届けられるようになります。美容室などで受けることのできるヘッドスパは気持ちの良いものですが、お店によって、マッサージの力のかけ方が全然違ったりすることがあります。ですからできれば、ヘッドスパ専門のお店か、または高いレベルの技術者がいるお店、あるいは、育毛のことを良く知っていて、ヘアケアについても、詳しいお店のヘッドスパを利用した方が良いです。

スキルの高いプロのマッサージによって、頭皮の血行が促進されるのも、、放っておくとすぐに硬くなりがちな頭皮を、やわらかくもみほぐしてもらうというのもヘッドスパ利用によって得られるメリットですね。

ですが、美容室にオプションメニューでついているような、アマチュアレベルのヘッドスパでは、ちゃんとしたヘッドスパであれば、ちゃんと得られるであろうはずの効果を感じられずに、損した気分になるかもしれません。大豆食品に含まれていることで有名なイソフラボンは、育毛にも作用します。女性ホルモンと似た効果が期待できるイソフラボンは、男性ホルモンが必要以上に分泌しようとするのと防ぐ作用があるでしょう。和食を多く食べる生活を送っていれば意識せずにイソフラボンを摂れるのですが、サプリで摂取するならば必要以上に摂ってしまうことに注意しましょう。黒酢はからだにいいことで有名ですが髪にもいい効果をもたらすのです。からだにいい栄養素(アミノ酸など)が黒酢には豊富に含まれており、血の流れをよくしたり、育毛に必要なタンパク質の生成に役立つのです。加えて、発毛に関わる神経細胞を活性化するのです。もし、黒酢独特の風味が苦手だったら、サプリを利用すると良いでしょう。

食生活の改善は、育毛にとても良い影響を及ぼすと言われています。

外食は和食でも濃い目の味付けなので糖分が多くなりがちなので、量やメニューを選んで食べるようにしましょう。脂質の取り過ぎも細胞の再生に必要なビタミンを多く消費し、血行を悪化させ、抜け毛や薄毛の進行を加速させます。長時間おいしさを保つ市販の惣菜パンや加工食品も添加物が多く含まれ、髪や頭皮に悪影響を与えるものが少なくないようです。ネットを調べれば、髪に良いという食材がいろいろ出てくると思いますが、ダイエットに良い食材をたくさん食べても痩せないように、「効くから」と適切な時間や量を考慮せずに、闇雲に摂取しても効果はありません。

せっかく育毛するのですから、育毛に良い環境とは何なのかに興味を持ち、バランスのとれた栄養がとれるようなメニューをとるよう気をつけましょう。

一日のうちすべてを変えるのは無理でも、普段から留意して、できるところから改善していくことです。言わずもがなではありますが、カロリーの過剰摂取は万病の元ですし、育毛にとっても良いことはありませんので、注意が必要です。パーマをかけると、頭皮が痛んでしまうことがあります。

ですから、パーマをかけた後は「育毛をしなければ」という気持ちから、育毛剤をどんどん使いたくなるものなのです。しかし、頭皮は損傷を受けた直後ですから、ここに育毛剤を使うのは考えものです。状態が回復するまで育毛剤の使用は控えた方が、後々に響かないでしょう。それから、パーマ後の洗顔に関しては、力いっぱいこすらず、やわらかく、軽いマッサージのようなつもりで行いましょう。それから、終わったら濡れたままにしておかないで、髪はちゃんと乾かします。

育毛という点を最大限重視する方向なら、パーマを利用するのは、やめた方が無難なのですが、それでもパーマをかけたい場合は、育毛パーマにすると頭皮に深刻なダメージを与えることはありません。

髪を増やすために使ったはずなのに、育毛器具によっては使うことで減ってしまうだなんてこともあり、要注意です。

一部の育毛器具は、使うことにより頭皮に悪影響を及ぼすものもあるのがその恐ろしいところです。

それでも、育毛器具を購入する時には、事前にどんなメカニズムで育毛に効果があるのか、実際に使った感じはどうなのかなど十分に調べることをお勧めします。

最悪、大切なお金と髪の毛がただ減るだけになってしまいます。日本人の米食は昔と比べてだいぶ減ってはいるそうですが、それでも毎日食べている人は多いです。

そんなお米ですが、お米だけに含まれているらしいγ(ガンマ)オリザノールという特有成分があることが知られており、これがすばらしい効能を持っています。例を挙げると、抗ストレス作用、善玉コレステロールを増やす働き、血行促進、更年期障害の緩和、さらに、男性ホルモンの一種であるDHTの発生を阻害する、とされます。

そういう訳で、男性型脱毛症にも大きな効果がありそうなのです。

というのも、DHTは男性型脱毛症の一番大きな原因とされ、DHTの過剰分泌により症状が出て、進行していくからです。

お米と言っても、胚芽に多く含まれる希少成分のようなのですが、お米を食べて男性脱毛症が改善できるのなら、育毛のため、毎日でも食したいですね。

関連記事

メニュー


2007 育毛剤で薄毛は救えるのか?若ハゲと戦うバイト戦士のメモ All Rights Reserved.

TOP
PAGE